2013年02月01日

同業他社比較で優位にある銘柄を探す

同業他社比較で優位にある銘柄を探す
今回のセミナーでは同業他社比較のエントリーとして、
小売業、消費者向けのサービス業を20の同業カテゴリーに分類し、
グラフを用いて簡単に分析する手法を解説します。

群雄割拠の業界では同業他社比較が重要なポイントになってきます。

そのうえで、各企業の財務グラフから理論株価を求めることにより
比較優位にある銘柄を探し出します。

理論株価は、株価との長期的な連動性が確認されている客観的な基準ですので、
グラフから理論株価と株価を比較するだけでも株価の割安・割高判断が可能ですが、
財務グラフから詳しく評価・分析することもできます。


中央の緑・赤・黄色のグラフは、バランスシートの状態を表しています。
赤と黄色の割合が自己資本比率です。


PER、PBR、ROA、ROEなどの指標も財務グラフとして表示されています。
ここでは財務分析の方法、同業他社比較のポイントについても学びます。


同業他社比較で優位にある銘柄を探す
今回のセミナーでは同業他社比較のエントリーとして、
小売業、消費者向けのサービス業を20の同業カテゴリーに分類し、
グラフを用いて簡単に分析する手法を解説します。
posted by これから投資家 at 17:44 | 東京 ☀ | 同業他社比較で優位にある銘柄を探す | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする