2007年01月28日

TOBとは??

ライブドアによって、有名になった「TOB」とは、
実際なところよく分かってません。じゃ、今回は、「TOB」にスポットです。


 「TOB」とは??


  「TOB」という単語、ライブドアとフジテレビのニッポン放送株争奪戦

   など、近年、新聞やニュースでよく見かけるので知ってる人も

   多いと思いますが、これは、M&A(企業の合併、買収)の

   ひとつの手法です。

  TOBとは、英語の Take Over Bidの頭文字からできた言葉で

   日本語では「株式公開買付」などと訳されてます。

   どういうものかというと、「公開」と訳されているとおり、

   ある企業の株式を大量に取得したい場合に、新聞広告などを使って

   その旨(一定期間内に、一定の価格で一定の株数を買い取ること)を

   公開し、不特定多数の株主から株式を取得するという方法。


  ところで、このTOBという買収方法には、大きく分けると

   「友好的TOB」と「敵対的TOB」というのがあります。

   買収される側の企業が買収に協力的なケースが「友好的TOB」。

   おもに、合併や同グループ企業を子会社化するときなどに

   使われる方法です。

    これとは逆に、買収される側が買収に同意していないにも
   
    かかわらず、一方的に買収を宣言するケースが「敵対的TOB」。

   ちなみに、TOBを利用すれば、価格が一定なので

   資金計画が立てやすいし、期限までに買付予定の株数が集まらないと
 
   それまでに買い付けた株券をキャンセルすることができるので

   失敗時のリスクが少ない。 
会員募集中!株式投資情報サイト【デイトレの風】

売買アイディア満載、リアルタイムで情報発信しています。



 
posted by これから投資家 at 12:17 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 難しい証券用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新株予約権とは?

今回は、先ほどのストックオプションの説明の中に出てきた
新株予約権って何?新株予約権って言葉、簿記会計とかで
習ったような気します。


 新株予約権とは、

  新株予約権とは、簡単に言うと、

  株式を特定の価格で購入できる権利を意味してます。

 
  2002年の商法改正により導入された制度で

  それまでの転換社債権、新株引受権、ストックオプションを

  統一的に扱うためにできた法律上の総称です。


  新株予約権の所有者は、この権利の行使により

  会社に新株を発行させたり、会社の自己株式を移転させることが

  できます。
6年以上利益を出し続けているトレーダーの投資手法・ノウハウはこちら

posted by これから投資家 at 12:02 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 難しい証券用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ストックオプションとは?

今日は、「ストックオプション」って言葉
見ていきます。最近、よく聞くようになりましたが
ストックオプションって、ほんとは何?


 ストックオプションとは

  「新株予約権」のひとつで、会社に所属する役員や従業員が

  あらかじめ決められた価格で、自社株式を購入できる権利のこと。

 
 このストックオプション制度は、1997年の商法改正により

  日本企業への導入が解禁され、2002年の商法改正により

  一般に広がりました。

 ストックオプションのメリットとは、

   自社の株価が上がれば上がるほど、この権利を行使した

   社員や役員が得られる利益も大きくなるということ。

   そのため、業績に貢献した役員に対して

   ボーナス(賞与)として利用する企業も多いようです。


  ストップオプション、会社側のメリット

   自社の株価が上がれば、権利を行使した役員や従業員が利益を

   得られるストックオプション。

   では、この権利を付与する側である会社には

   どんなメリットがあるのでしょう?

   
  一般的には 2つが挙げられます。

     役員や従業員の経営努力・勤労意欲の促進

    役員や従業員は、自分たちの努力により企業価値を上昇させ

    株価が上がれば、より高い利益を得ることができます。

    そのため、経営努力・勤労意欲が促進されその結果

    会社の業績の向上に役立ちます。

     有能な人材の確保

    有能な人材を確保したいが、それに見合った報酬を支払うことが

    できない場合でも、ストックオプションを使えば、将来企業が

    成長し株価が上昇した際に、十分な利益を与えることが可能に。

    とくに、ベンチャー企業など、資金が少ない会社には

    有効な手段となっているようです。
    
システムトレードで【勝率71%】の投資法

気になる方はコチラをクリック!

posted by これから投資家 at 11:55 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 難しい証券用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

証券アナリストとは??

証券アナリストとは??
なんか響きが、カッコいいです。
けど、いったいどんな仕事なのでしょう?


 「証券アナリスト」とは、証券投資の分野で、各種情報の収集と
 
  分析、投資価値の評価を行い、投資助言や投資管理サービスを提供する

  プロフェッショナル。


  高度な専門知識と分析技術を用いて、企業分析や資産管理・運用
 
  金融商品の開発など活躍の場は多岐にわたる。


  「証券アナリスト」になるには、国家資格は不要。

  業界団体などが「アナリスト認定」を設けている。


  日本では日本証券アナリスト協会が設ける「検定会員」のほか、

  国際認定では、CFA協会の米国認定「CFA協会認定」が有名。


  やっぱり人気職種だけに、試験対策スクールもあるようです。
posted by これから投資家 at 12:29 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 難しい証券用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日計り商いとは??

日計り商いとは??
まず、読み方分かりません。

 ひらがなで書くと、「ひばかりあきない」と読むようです。


 「日計り商い」とは、同一の取引者が、ある銘柄を買い
 
 その銘柄をその日のうちに売却したり、または空売りして
 
 その日のうちに買い戻すような売買のこと。


 デイトレーダーみたいな人がやってるのかな?
posted by これから投資家 at 12:23 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 難しい証券用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミニ株とは??

ミニ株とは??
まだ、経験ありません。


 「ミニ株とは」、株は普通単元を単位として売買される。

 ミニ株は、証券会社が単元を買い、顧客に10分の1にして売る仕組み。

 1000株単元株の株でも、100株単位で買える。


  ミニ株だったら、配当もらえないとか、優待受けれないとか
  普通株に比べて、少し制限あるようです。

  確か、ミニ株の下にさらに、プチ株とかもあるようなこと
  聞いたことあります。

  さらに、制限とかありそうな予感です。
posted by これから投資家 at 12:19 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 難しい証券用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

単元とは??

単元とは??
よく見るし、よく聞く言葉です。

 
 「単元」とは、株数の単位で、銘柄によって決められている。

 たとえば単元が100と決められている株は、100株を最低の
 単位として売り買いする。


  昔は、1000株単位が当たり前で、お金持ちしか株投資
  できなかったなんて、聞いたことありますね。

  この単元が下がってくれたおかげで、みんなが参加できる
  株式市場になったんだそうです。

posted by これから投資家 at 12:16 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 難しい証券用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

株価指数とは??

株価指数とは??
また少し、難しそうな言葉です。

 
 「株価指数」とは、代表的な値段の平均値で
  市場全体の株価の状態を示す数値。

 代表的なものに日経平均株価と、TOPIXがある。
posted by これから投資家 at 12:12 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 難しい証券用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする