2007年02月24日

株主優待を受けるためには

株主優待を受けるためには
株式投資の魅力のひとつ、株主優待。


いつまでに株を買えば、株主優待ゲットできるの?


株主優待を受けるためには、


「権利確定日」(通常は決算日)の前営業日までに
受渡しが完了している必要があります。


つまり、「権利確定日」から起算して5営業日前が
「権利付最終日」となり、

この「権利付最終日」までに買付し、
保有している必要があります。


【決算日が2007年3月末日の場合】

  3月26日(月)

権利付最終日
この日までに買付すれば株主優待の権利を得ることができます。


  3月27日(火)

権利落日
この日に買付してもこの月の
株主優待の権利を得ることはできません。


  3月30日(金)

権利確定日


※権利付最終日は銘柄によって異なりますのでご注意ください。

※信用取引の買付では株主優待の権利を得ることはできません。現物での買付が対象となります。


なぜ「権利確定日」から起算して5営業日前なのか


通常、株券を売買すると買付日を含めて
4営業日目に受渡しが行われ、実質的な株券の保有となります。


ただし、決算日には株主を特定するため
株券の受渡しは行われません。


そのため、決算日の4営業日前に買付をしても受渡しが決算日後になるため、決算時に株券の保有者とはならず、
権利を取得できないのです。
サイバーエージェントFX外貨ex取引口座開設






posted by これから投資家 at 11:37 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 株主優待を受けるためには | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする