2007年05月11日

企業の将来が見える『IRセミナー』

企業の将来が見える『IRセミナー』を開催
 株式講演も同時開催 


平成19年5月17日(木)  東洋経済新報社9階ホール

アクセスには、

●半蔵門線「三越前」B3出口から徒歩0分
●銀座線「三越前」A3または「日本橋」A1出口から徒歩4分
●東西線「日本橋」A1出口から徒歩2分
●JR東京駅・日本橋口から徒歩7分


   13時30分開場 14時開演

  (入場無料・先着200名)


企業の将来が見える『IRセミナー』を開催
 株式講演も同時開催 


 ■第一部 14:00〜15:00 企業説明会


『双信電機』 東証上場(6938) 
(ユビキタスネットワーク社会に貢献)


    『わが社の現況と将来展望』 代表取締役社長 南東 秀憲 氏


  『双信電機』 東証上場(6938) とは?

1938年にマイカコンデンサメーカーとして創業して以来、家庭用電気製品から宇宙開発に至るまでの幅広い分野において、各種フィルタやコンデンサなど独自の技術に基づいた特徴ある電子部品を提供してまいりました。

 特に近年は発展を続ける情報通信等の重点市場に向けた新製品の開発に経営資源を集中し、材料及びプロセス開発をはじめとする差別化技術によって各事業分野でbPとなるべく努力を重ねております。

 独自のセラミック材料技術と高周波回路設計技術により開発された超小型・高精度のセラミック多層製品や、高信頼度・高性能のLCフィルタ、また電磁波ノイズの測定から診断・対策用のEMIフィルタの開発に至る各種電磁波障害に対するソリューション提供など、当社の強みを生かした様々な製品は各分野で高い評価をいただいております。


今後はユビキタスネットワークのさらなる発展に向けて、その中核となる携帯電話、無線LAN、ブルートゥース等の市場に狙いを定め、積極的にグローバルな事業展開を行い、世界市場におけるシェア拡大を図ってまいる所存です。


 独自の技術により様々な事業分野での
bPを目指していく双信電機にご期待ください。


  『双信電機』


経営理念

 
【ミッション】
  お客様との信頼関係を築き、
  会社の成長と社員の幸福を同時に実現し、社会の発展に貢献する。

 
【ビジョン】
  会社に関わる全ての
  人々(顧客・社員・株主・仕入先・地域社会)から信頼され、
  夢を託せる魅力のある双信グループにする。



 ■第二部 15:10〜15:50 講演会


『どう乗り切る?男の更年期』赤塚医院院長 赤塚祝子 氏


 ■第三部 15:50〜16:40 株式討論会

  史上最強の銘柄バトル長島和弘 VS 熱田和雄
             (ネット配信のプロが対決)


 企業の将来が見えるIRセミナー


個人投資家の皆様お集まり下さい! 

株式投資のエンターテインメントが始まります。



 個人投資家向け企業説明会

 詳しくは、

 日本インタビュ新聞社主催/東洋経済リサーチセンター共催まで






       
posted by これから投資家 at 21:26 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 企業の将来が見える『IRセミナー』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする