2007年05月13日

DAIBOUCHOUのたった4年で200万円を2億円

DAIBOUCHOUのたった4年で200万円を2億円にした男登場!超成長株投資
ビジネスモデルを見抜いて何十倍にもなる超成長株をつかみ、
大きな利益を得たい方向け。

200万円を4年で2億円にした
DAIBOUCHOU氏の投資手法を5時間徹底的に学びます。



講座趣旨

200万円の元手を、わずか4年で2億円以上に・・・。

そんな夢物語のような話を現実のものとしたのが、現在は株式投資で生計を立てているDAIBOUCHOU氏。

その投資スタンスは、割安な成長株を選別し、長期投資を行うというもの。

世界第2位の大富豪で、著名な投資家ウォーレン・バフェット氏も、同様のスタイルで、株式投資で成功をおさめました。

日本版ウォーレン・バフェットと呼ぶにふさわしいほど、高い実績を残す個人投資家DAIBOUCHOU氏が、その投資ノウハウを5時間タップリと語り尽くします。


■DAIBOUCHOU氏の高パフォーマンスを支えた割安成長株
※購入理由は、あくまで当時の状況で、現在、ポートフォリオに組み込まれている場合の保有理由ではございません。
(株)アーネストワン (東証1部:8895)

IPO初値  150円(2002/02購入・4分割換算値)
      2,770円(2005年4月4日時点の終値)

3年2ヶ月でなんと18.47倍に!

購入理由:相場不況のため予想PER4程度の超割安株価でJASDAQに上場、低価格な郊外住宅の分譲で急成長しているのに全く評価されず。
(株)フージャースコーポレーション (東証1部:8907)

IPO初値  23,333円(2002/10購入・9分割換算値)
      300,000円(2005年4月4日時点の終値)

2年6ヶ月でなんと12.86倍に!


購入理由:アーネストワン同様、相場不況で予想PER4の超割安IPO銘柄。女性視線のバス便マンション分譲で急成長しているのに全く評価されず。
(株)アドバンスクリエイト (ヘラクレス:8798)

当日終値  79000円(2003/10購入・2分割換算値)
      313,000円(2005年4月4日時点の終値)

1年6ヶ月でなんと3.96倍に!

購入理由: 保険手数料の構造が理解されず、将来の収益源である蓄積された保険手数料も評価されず、成長性も評価されていなかった。
アセット・マネジャーズ(株) (ヘラクレス:2337)

当日終値  62400円(2004/01購入・5分割換算値)
      444,000円(2005年4月4日時点の終値)

1年4ヶ月でなんと7.12倍に!


購入理由:リサやセキュアード等の直近IPO銘柄が高値を追う中、同業態でそれ以上の成長性を持つこの銘柄が割安に放置されていた。
(株)アーバンコーポレイション (東証1部:8868)

当日終値  554円(2004/01購入・2分割換算値)
      3,530円(2005年4月4日時点の終値)

1年4ヶ月でなんと6.37倍に!

購入理由:不動産流動化へのシフトを全く評価されず、マンションデベロッパーとしか評価されていなかった。
(株)ダヴィンチ・アドバイザーズ (ヘラクレス:4314)

当日終値 112,200円(2004/08購入)
     251,000円(2005年4月4日時点の終値)

8ヶ月でなんと2.24倍に!

購入理由:不動産流動化銘柄への評価がまだまだ低く、銘柄数を増やし分散しながら不動産流動化銘柄への投資を増やしたかった。


株式投資において、上達の近道は 、現在高いパフォーマンスを残している人の真似をすることです。
割安成長株への投資を実践し、わずか4年で200万を2億にまで大膨張させた個人投資家による当セミナーの価値は計り知れないものがあります。

当セミナーで得た知識をつかって、あなたも数年で、2億の資産を築くという、ジャパニーズドリームを実現してみませんか?





DAIBOUCHOUのたった4年で
200万円を2億円にした男登場!超成長株投資


【講義概要】

第一部

株式投資の基礎知識。

なぜお金が必要なのか、目標を明確にしよう。
目標を明確にして、株式投資に対する意欲を持ち続けよう。
数ある投資法の中でも、なぜ株式投資が良いのか。
自分のスキル、知識や経験を株式投資に生かそう。
成長株投資でも、バリュー投資の知識は必要。
株価が安いってどういう事?
成長株は将来の割安株である。
業績成長の裏付けを取り、確かな成長企業を選別しよう。
評価が低い低迷業界こそお宝成長株が眠っている。

第二部

2000年から2002年への投資経験を紹介しながら、
暴落相場を生き延びる投資方法を紹介。

・暴落する銘柄を買わずに済む方法。
・暴落相場でも上がる銘柄を見分ける方法。
・暴落相場により大量発生する超割安成長銘柄を発見する方法。
・つらい暴落相場でも投資を続けるためのメンタル対策。

第三部

2003年以降の投資経験を紹介しながら、上向きな相場を最大限活用する投資方法を紹介。

・厳しい銘柄選別で良質な成長銘柄のみを選び抜く銘柄分析方法
・信用取引による驚異的なリターン獲得方法
・無駄に分散しない効率的なポートフォリオ戦略。
・ブラックメイに対する対処方法、メンタル対策。

第四部
なぜ私は不動産株に投資するのか。投資理由を公開。
流動化専業系(ダヴィンチ・アドバイザーズ、パシフィックマネジメント)
バリューアップ系(アーバンコーポレーション)
投資銀行系(アセット・マネジャーズ)
分譲専業系(アーネストワン、ファースト住建、フージャースコーポレーション)

第五部
質疑応答


DAIBOUCHOUのたった4年で
200万円を2億円にした男登場!超成長株投資


講師紹介

DAIBOUCHOU(だいぼうちょう)氏


たった4年で200万円を2億にした個人投資家。サラリーマン時代から、各企業の財務諸表分析を中心とした、割安成長株への投資を得意とし、現在は株式投資のみで生計を立てている。
静岡県伊東市在住。1973年生まれ。

DAIBOUCHOU氏の投資法は注目度が高く、MONEY JAPAN2005年4月号P38,39で、二ページの特集として掲載されている。

■著書 5年半で資産500倍 DAIBOUCHOU式サイクル投資法
詳細は今すぐ ココをクリック!






posted by これから投資家 at 09:44 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | DAIBOUCHOUのたった4年で200万円を2億円 超成長株投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする