2009年04月03日

3日続伸=買い一巡後は伸び悩む〔東京株式〕(3日)

3日続伸=買い一巡後は伸び悩む〔東京株式〕(3日)




【第1部】景気悪化懸念の後退を背景に、日経平均株価は前日比30円06銭高の8749円84銭、東証株価指数(TOPIX)も同4.67ポイント高の831.36とともに3日続伸。これまでの株価上昇に対する警戒感から、買い一巡後は伸び悩んだ。
 


東証1部の上昇銘柄は40%、下落は54%。出来高は28億4069万株、売買代金は1兆8912億円だった。
 


33の業種別株価指数では、輸送用機器、鉄鋼、不動産業などが上昇し、電気・ガス業、陸運業、水産・農林業が下落した。



 個別銘柄では、トヨタ、ホンダが年初来高値を更新し、新日鉄、JFEは堅調。ソニー、キヤノンが高く、コマツは3日続伸、三菱商、三井物の商社株、商船三井など海運株も値を上げた。


菱地所がしっかり、野村、東京海上も買われた。



半面、みずほFGが朝高後に値を消し、NTTドコモ、KDDIは軟調。東電がさえず、JR東日本は急反落。日水の下げがきつく、ファーストリテも緩んだ。



 【第2部】3日ぶり反落。



オリコ、トーセイが値を下げた。日精機、アクセルが上昇。出来高は2755万株。
 【外国株】堅調。出来高257万5800株。(続)
posted by これから投資家 at 20:12 | 東京 ☀ | マーケットコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月26日

大京 、住友不など不動産株も売られた。

大京 、住友不など不動産株も売られた
日経平均株価は209円安と4日ぶり急反落、米国株安が直撃=東京株式市場・25日前場



25日前場の東京株式市場は、日経平均株価が前日比209円50銭安の1万3393円81銭と4日ぶりに急反落。



「米国株安の直撃を受けた」(みずほ証券・エクイティ調査部の北岡智哉氏)ことで軟調な展開となった。東証1部の出来高は8億3317万株、売買代金は9587億円。騰落銘柄数は値上がり376、値下がり1247だった。


予想を下回る6月の米中古住宅販売件数を受けた米国株安を背景に、寄り付きから売りが先行。


今週に入り日経平均株価が約800円上昇した反動から、主力株中心に利益確定売りが広がった。国内・欧州からの合計400億円の売りバスケット観測(買いバスケットはなし)や、日経平均先物への3000枚売り観測も下押し要因となり、日経平均株価は一時225円安となった。

東証業種別株価指数では、全33業種中29業種が下落。



米金融株安の流れを受け、みずほ <8411> 、三菱UFJ <8306> など銀行株や、野村 <8604> 、新光証券 <8606> など証券株が軒並み安。



第1四半期連結決算で営業4.5%増益も、ゴールドマン証による受注減少懸念が指摘されたファナック <6954> や、6月中間期連結営業14.9%減益となったキヤノン <7751> など値がさハイテク株も下押した。



大京 <8840> 、住友不 <8830> など不動産株も売られた




半面、NY原油先物価格の反発を受け、石油資源 <1662> 、国際帝石 <1605> など資源開発株が堅調。


25日前引け後に発表の第1四半期決算への期待感から郵船 <9101> 、商船三井 <9104> など大手海運株もしっかり。


独製薬大手メルクから医薬情報担当者130人を受け入れと報じられた第一三共 <4568> も堅調に推移した。

posted by これから投資家 at 07:55 | 東京 🌁 | マーケットコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国進出のフリービットが4日続伸

中国進出のフリービットが4日続伸
マザーズ指数が反落、不動産関連銘柄は軟調=新興市場・25日



マザーズ指数が反落。前日までの続騰の反動が出たほか、決算発表シーズンの週末とあって業績面への警戒感も高まっているようだ。



ただ、ミクシィやネットイヤーなど、

朝安後プラス圏に浮上する銘柄もあった。



個別では中国進出のフリービットが4日続伸


三平建設の実質経営破たんを受け、不動産関連銘柄は軟調展開が継続。
posted by これから投資家 at 07:52 | 東京 🌁 | マーケットコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

ホンダ <7267> 、トヨタ <7203> など自動車株にも買いが継続

ホンダ <7267> 、トヨタ <7203> など自動車株にも買いが継続
日経平均株価は1カ月ぶり1万3600円回復、290円高と高値引けし3連騰=東京株式市場・24日後場



24日後場の東京株式市場は、日経平均株価が前日比290円38銭高の1万3603円31銭と高値引けし3連騰。



終値ベースで6月26日
以来約1カ月ぶりの高水準となる1万3600円台を回復した。



騰落銘柄数は値上がり1553銘柄(値下がりは138銘柄)と
9割近くに達し、全面高。



東証1部の出来高は19億6471万株、
売買代金は2兆2723億円となった。




20年債入札の好結果を受け「債券先物へのヘッジ売りを解消する動き」(銀行系投信)から、債券先物買い戻し・株価指数先物売りに後場寄り後は上げ幅をやや縮小。



その後、「ヘッジファンドによる株価指数先物への買い戻し」(準大手証券)、「CTA(商品投資顧問業者)によるトレンドフォロー型の買い注文」(米系証券)などの見方が聞かれ、上げ基調を強めた。



東証業種別株価指数では、全33業種中30業種が上昇。



アドバンテス <6857> 、
京セラ <6971> など値がさハイテク株が上げ基調。



ドル高・円安推移を背景に、


ホンダ <7267> 、トヨタ <7203> など自動車株にも買いが継続




三菱UFJ <8306> や野村 <8604> など金融株もしっかり。



KDDI <9433> 、NTT <9432> など情報・通信株や、三井不 <8801> 、菱地所 <8802> など不動産株も買われた。



半面、原油安を背景に、国際帝石 <1605> 、石油資源 <1662> など資源開発株や、AOCHD <5017> 、新日石 <5001> など石油株に売りが継続した。
posted by これから投資家 at 20:30 | 東京 ☀ | マーケットコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガンホーは連続ストップ高

ガンホーは連続ストップ高
マザーズ指数が続騰、ミクシィなど
ネット株は大幅高=新興市場・24日



マザーズ指数が続騰。



東証1部市場の3日続伸で投資家心理が改善しており、新興市場ではミクシィ、サイバーなどネット株を中心に時価総額上位銘柄のリバウンド基調が継続。




一方でダヴィンチなど不動産流動化関連は軟調展開が続いている。



個別銘柄への物色意欲も旺盛で、

23日付株式新聞で取り上げたガンホーは連続ストップ高
posted by これから投資家 at 20:29 | 東京 ☀ | マーケットコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月23日

23日前場の東京株式市場は133円高と大幅続伸

23日前場の東京株式市場は133円高と大幅続伸
日経平均株価は133円高と大幅続伸、不動産や金融株など高い=
東京株式市場・23日前場




23日前場の東京株式市場は、日経平均株価が前日比133円69銭高の1万3318円65銭と大幅続伸。



7月7日以来約2週間ぶりに1万3300円台を回復した。東証1部の出来高は9億4877万株、売買代金は1兆389億円。



騰落銘柄数は値上がり1326、値下がり295だった。



22日の米国株高やドル高・円安進行を好感したほか、欧州からの合計550億円の買いバスケット観測(売りバスケットは国内から150億円)も後押しし、寄り付きから買いが先行。



米金融機関の決算が一巡し、想定ほど悪化しなかったことを受け、不安感後退から国内金融株が上昇したほか、不動産株やハイテク株なども物色され、日経平均株価は一時175円高まで上げ幅を広げた。



ただ、前週末から2日間の日経平均株価の上げ幅が500円超と、急ピッチな上昇に対する警戒感から買い一巡後は上値の重い展開となった。



市場からは「日経平均先物の7月7日高値1万3430円を上抜くようなら価格帯別出来高で空白地帯に入り、先物主導で一気に駆け上がる可能性がある」(中央証券・株式部長の石田明氏)との声も聞かれている。



東証業種別株価指数では、全33業種中27業種が上昇。



JPモルガン証券が投資判断「オーバーウエート」(強気)でカバレッジ開始と観測された菱地所 <8802> 、三井不 <8801> など大手不動産株や、URBAN <8868> 、創建 <8911> など新興不動産株に買い戻しが先行。



米金融不安の後退からみずほ <8411> 、三井住友 <8316> や大和証G <8601> など金融株が軒並み高。



キヤノン <7751> 、TDK <6762>
やホンダ <7267> など輸出株にも物色が向かった。



半面、NY原油先物安を背景に、国際帝石 <1605> 、石油資源 <1662> など資源開発株や、コスモ石 <5007> 、昭シェル <5002> など石油株が軟調。東北電 <9506> や大ガス <9532> など電力・ガス株もさえない。
posted by これから投資家 at 13:24 | 東京 🌁 | マーケットコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月20日

大幅増額の木徳神糧が大量の買い注文を集めストップ高

大幅増額の木徳神糧が大量の買い注文を集めストップ高
マザーズ指数が反落、直近上場銘柄など下げる=新興場況・18日



マザーズ指数は東証1部市場と同様に、後場に入って値を消して反落。



3連休を控えて手じまい売りが出ているようだ。


SMS、アールテックなど直近上場銘柄や、
前日急伸していたネット系銘柄が大きく売られた。



個別では大幅増額の木徳神糧が大量の買い注文を集めストップ高。



大規模ファイナンスのサハダイヤも活況。
posted by これから投資家 at 19:04 | 東京 ☀ | マーケットコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月10日

ヘラクレスでは好決算発表のケイブがストップ高

ヘラクレスでは好決算発表のケイブがストップ高
マザーズ指数が3日続落、セブン銀行は連日の最高値=10日・新興市場



マザーズ指数が3日続落し、連日で設定来安値を更新した。



新興市場には、東証1部市場と比較した相対的な
相場の弱さも意識され、見切り売りが継続している。




中でジャスダック市場が比較的底堅く、セブン銀行が連日の最高値。



竹内製作などはリバウンドの動きとなった。



ヘラクレスでは好決算発表のケイブがストップ高
posted by これから投資家 at 19:14 | 東京 ☁ | マーケットコメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする